ストレス対処法

和楽堂医農塾TOPストレス対処法

ストレス対処法について

脾臓の場所

脾臓の場所を教えてくれる留目先生。
背中の辺りにあるのが「脾臓」

ストレスの原因は様々ありますが、環境や精神的なものが大きいといわれています。そのストレスの影響を受けやすいのが『脾臓』。

思い煩ってばかりいる人は、心に大きなストレスが溜まります。そのストレスが脾臓を傷め、連鎖で他の臓器の調子が悪くなっていくのです。ストレスを溜めないようにするには、日頃から正しい思いを抱いていることが必要です。病気を治療する場合、患部の治療だけでなく心の持ちようを変えることも必要です。そうして日頃正しい思いを抱いているために助けになるのが「動くこと!」なのです。

ここではストレス解消に役立つ体操をご紹介します。

悪い気を発散させる「発酵体操」

  • 足を肩幅くらいに開いて立ち、腕を脱力させてダラリとたらす。このとき、丹田(おへそから指三本分下のところ)に少し、力を込める。
  • 腰を左方向に、思い切りグイッとねじる。腕は遠心力で自然と浮き上がり、左手が腰の右裏辺り、右手が左肩横辺りにパチンと当るようにする。
  • 2と同じ要領で、腰を右方向に、思い切りグイッとねじる。再び腕が浮いて、今度は左手が右肩横辺り、右手が腰の左裏辺りにパチンと当る。
  • 1~4を繰り返し、慣れてきたら、腕が体を打つ部分を意識し、腕に少しずつ力を入れていく。
  • 腕が体を打つ位置を腰から背中、胸、肩などへと変化させながら、また腰をねじるスピードを変えながら、汗ばむくらいまで体をねじり続ける。

【効果】

発酵体操

末梢の手足から、体内に溜まった悪い気が、どんどん飛んでいき、いい気が取り込まれます。それにより気分が爽快になり、疲れも取れます。また血流もよくなるので、疲れが取れて気持ちがよくなります。