「百姓」であることに誇りを持って

和学堂医農塾TOP医農塾農業体験について

農

実体験から“食べ物の力”を知った私は、「百姓として体にいい作物を育てる使命を担っている」と思いたち、有機減農薬の農業を始めることにしたのです。「体の治療」のために取った治療師の資格と、「体にいい食を極める」ために自ら農業を続け、百姓として現在も活動をしております。
  現在自分の畑で作っているのは、リンゴ、ニンニク、プルーンなどです。どれも通常より薬効があるもので、手軽に栄養分を摂っていただくのに最適です。サプリメントを利用することの多くなった昨今、自然の食品で体質を改善するのもオススメです。

 普段食べている野菜や果物の栄養価を、通常より高いものにするための研究を長年行ってきました。そうして着目したのは「土」です。試行錯誤の末、石英安山岩の粉末を利用しています。この岩石は豊富なミネラルを含んでおり、畑にこの肥料を加えるとなんと一番端の枝先に生っているリンゴの実まで甘さが行き渡りとても美味しいリンゴが出来上がります。

 肥料に関しては現在も挑戦は続いており、各種資材の使用量や散布剤の改良などに取り組んでおります。「体にいい食品作り」のこの動きは、百姓仲間の皆さんにまで輪が広まり、改良した肥料を使ってプルーンや梅、杜仲茶や黒豆をそだてています。

 医農塾の活動の中に含まれる、農業体験では肥料の与え方や技術指導まで一貫してご指導します。興味のある方は是非ご連絡ください。

畑に蒔く肥料に岩石を混ぜている様子

畑に蒔く肥料に岩石を混ぜている様子。

リンゴ

枝先につく渋みが強いはずの実だが、
これは先に生る実も甘い。