医農塾

和楽堂医農塾TOP医農塾

医農塾とは

医療費、年金、これが減ることのない時代。この時代に自分の身体をどうやって維持し、気をコントロールし守っていくか考えて参りました。そうしてどうやったら皆様の健康のお手伝いができるのか・・・これが長年の研究テーマだったのです。
鍼灸という東洋医学を行う傍ら、百姓としてリンゴやニンニク、その他の野菜を栽培。どちらも身体に良いものをと極めたら、両方に関連性があることを発見。どちらも切っても切り離せない関係であることを知る。
農業も身体の治療も、究極の目的は、“生きているすべてのものが本来有している素晴らしい「命の力」を引き出すこと”。「健康は自然の恵みである」との視点から立ち上げた「医農塾」は、医療と農業(食)の繋がりに着目してその両方の面から身体を考えた活動を展開しています。

医農塾イメージ1医農塾イメージ2

医について

セミナーでも説明している鍼灸理論(東洋)とSOT理論(西洋)を融合させた仙骨丹田療法を主に活動しています。他様々な治療方法がありますが、基本的な考え方は東洋医学の「陰陽五行説」。自然界にも通じるこの考え方を知ると身体のバランスを保つのに役立ちます。自分で出来る簡単な体操もご紹介!


農について

実体験から「食べ物の力」を知り、人間はいいものを食べなければいけない、そのため百姓として身体にいい作物を育てる使命があると思って始めた有機減農薬農業。こだわったのはなんと“土”。どんな土を作ったのか、そこから取れる野菜や果物は他とは違う。どこが??知りたい方はご一読を!